早く買っておけば良かったキャンプ道具3選

キャンプ道具

 家族キャンプを始めて早数年。多くのキャンプ道具を買ってきた我が家ですが、今回は基本道具の中でも早く買っておけば良かったものを集めてみました。

コム
コム

ちょっと手を伸ばせば手に入るけど…という道具を集めてみたよ!

鍛造ペグ

 恥ずかしい話、鍛造(たんぞう)ペグ鋳造(ちゅうぞう)ペグの違いをこの記事を書きながら知りました。今まで 鍛造(たんぞう)を鋳造(ちゅうぞう) と呼んでしまっていました…。

 なお、有名なスノーピークのソリッドステークなどは鍛造 (たんぞう) ペグだそうです。他の素材に比べると値段が高い印象の鍛造ペグですが、その分の屈強な強度をお持ちのようです。

すぐに買わなかった理由

 必需品であるペグですが、テントに付属しているアルミやプラスチックペグで案外何とかなっていたため、高価な鍛造 (たんぞう) ペグにはすぐに手を出していませんでした。

ただ、高価と言ってもペグはペグなので他の道具に比べれば単価は安いですね。

買うべきだった理由

少しの投資で大きな利益を得るとはこのことでした。

 硬い地面においてプラスチックやアルミペグは、折れる、曲がる、挙句の果てに抜けなくなるという惨事が多発していました。 鍛造 (たんぞう) ペグ なら、数回打てば刺さるだけでなく抜く時も真っすぐ刺さっているので比較的簡単に抜けます。

また、安全性という意味でもおすすめします。
(砂場はプラスチックペグがいいなど、臨機応変な対応が前提ですが。)

大きめの収納ボックス

 各メーカーから発売されている収納ボックス。実用性はもちろんのこと、ステッカーなどを貼ることで自己流のカスタマイズを加える楽しさもあります。

すぐに買わなかった理由

 ソロキャンパーだったこともあり、当初はテント袋にシート類・ペグ・ペグハンマ―を入れて寝袋(シュラフ)と簡単なクッカー類等を持っていけば何とかなっていました。

その延長で、家族キャンプも車に道具を詰め込むスタイルで活動をしていました。

買うべきだった理由

収納と積込みの労力の軽減

 当たり前なのですが当人は意外と気づかないというか、見て見ぬふりをしていたというのが本音です。今までのスタイルを変えるというものは、それほど億劫なのです。

ということで結論、初めのうちに大きな収納ボックスを購入しましょう
(どんなに意識しても道具は増えます。これがキャンプ沼です。)

ポール

 今回はテントやタープに附属しているポールとは別にもう1本のポールという意味でピックアップしました。各メーカーから色々な色・素材・長さのポールが出ています。

デビュー直後に買わなかった理由

 鍛造ペグなんかと理由は被りますが単純に始めたばかりの時は、付属品で満足していました。

 最初に必要性を感じたのは、使用しているogawaのステイシーSTの前面幕をポップアップしたかったという理由でした(ソロでわざわざタープを持っていきたくなかった)。

なぜデビュー直後に買うべきだったか

 少しタイトルとはズレてしまいますが無くても良いがあれば便利です。

 キャンプの参加人数が増えるごとにタープの設営方法を工夫したくなってきます。
特に入り口部分を高くしたりすることで格段にタープ内に入りやすくなりますよ。

デビュー直後から積極的にタープの張り方を工夫していきたい人は今すぐ買いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました