ペグとハンマーの話

キャンプ道具

大小問わずテントを立てる時間は出来る限り短縮したいですよね。
我が家では、子どもを見ながらテントを立てることが多いので自ずとひとりで立てることになります。特に夏のキャンプの設営は、あまりの暑さに熱中症になってしまう可能性もあります。

設営の時短にこだわるなら、まずは高機能で高価なテントを検討する前に地面に刺すペグやペグハンマーから見直してみましょう!

コム
コム

最近やっと鍛造ペグに買い替えました!

附属のペグとハンマーからの卒業

テントやタープの設営する時間の中で、ロープなどをペグで固定する時間は相当な割合となります。特にogawaのピルツなどのモノポールテントは、設営の大半がペグ打ちの時間だったり……。

ペグ打ち時間を改善できれば、前述した熱中症になるリスクが軽減し、キャンプを楽しむ時間も増えてみんな幸福になります!

太郎
太郎

じゃあ、まずはペグハンマーを購入すればいいってことだね!

コム
コム

ここで注意してほしいのは、ペグとハンマーのどちらか一方だけ買い替えても実はあまり効果が出ないということ。

ペグとハンマーは一緒に買い替えるのがおすすめ

テントに付属しているプラスチックのペグやハンマーは、砂地のキャンプ場などを除き、ペグ打ちに時間がかかりすぎます。

だからといってどちらかを後述する鉄製のものに替えると、曲がったり折れたり、場合によっては折れたペグが抜けなくなるなど大惨事につながることもあります。

そこで、ペグとハンマーは硬さが近い素材のものを一緒に替えることをおすすめします。

コム
コム

抜けなくなったペグをそのままにするのは絶対にやめましょう!
キャンプ場の管理品さんへ報告など適切な判断を!

ペグの選び方

ペグ選びでおすすめするのが鍛造(たんぞう)のペグです。

どうしても、プラスチックやアルミ、ジュラルミンよりは重くなってしまいますが、それに見合った強度を手に入れることが出来ます。
この鍛造ペグをメインに使用して、軽く扱いやすいペグは補助的に使用することで作業の効率化が図れます。

また、鍛造ペグの長さについては、どのようなテント・タープを使用するかによって調整が必要ですが30cm前後を中心に基本本数を揃えれば問題ないかと思います。

ハンマーの選び方

前述したように金属のペグを打つ場合のハンマーは、金属のヘッドを選びましょう。

ハンマーの柄は、木やゴム巻きとなっていることが一般的です。握りやすさは、手の大きさなどによって個人差があると思いますので店頭などで一度振ってみましょう。

その他、選ぶポイントとしてハンマーヘッドの片側にペグ抜きが付いていること抜け防止用のベルトが付いているなどもチェックすると良いかと思います。

コム
コム

機能的なことを列挙しましたが、もちろん自分が好きなデザインを選ぶことも重要だよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました